Hair-Growing-Activities_FUSAKATSU
activities-against-hair-loss, early-start, Androgenetic-alopecia,
hair-loss-amount-per-day, over-100-hair-loss-per-day-is-danger,
Mesotherapy-against-hair-loss
importance-for-taking-medicine_5alpha-reductase-inhibitor
Self-Hair-Transplant
online-doctor-against-hair-loss_AGA_telemedicine
FUSAKATSU top slider 1
FUSAKATSU top slider 2
block-test
FUSAKATSU top slider 3
FUSAKATSU top slider 5
FUSAKATSU top slider 4
FUSAKATSU top slider 4
FUSAKATSU top slider 5
previous arrow
next arrow

Home

Website ふさ活 アイキャッチ画像

ふさ活とは??
毛髪に「ふさふさ」を求める幅広い活動

ふさ活」とは、毛髪の薄毛化傾向を予防するための取り組みであり、発毛力の回復を狙う活動です。”Hair Growing Activities(毛髪が成長していく活動)” と英語設定させていただきましたが、ふさふさに向けたアクション全体を指すので、「AGA治療」はもちろん、広義では「頭皮マッサージ(頭皮スパ)」「個人的な運動習慣の確立」「栄養バランスへの配慮」なども含みます。もちろんこれは男性に限った話ではなく、女性の「ふさ活」についても特に「産後脱毛」などの際にはよく取り組まれます。これらを踏まえつつ、当サイトでは主に医学的なアプローチの「AGA治療」を中心に沿えて、お悩み解決に繋がりそうな「ふさ活」をご紹介していきたいと思います。副次的なものとして、女性の「びまん性脱毛症」や「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれるものについても、補足的に情報カバーさせていただきます。

全国のAGAクリニックの情報(AGAクリニックMAP」も強化しつつ、皆さまの利用しやすいサイトにしていきたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願いします。

ふさ活編集部
ふさ活編集部
「ふさ活編集部」では経験豊富なメディカルライターが執筆に当たっています。
ご興味がおありの方はプロフィールページをご覧ください。

01AGA治療は先手必勝!
薄毛化は遺伝要因が大きく、放置はNG

毛髪の薄毛化は、30代以降で急激に増えてくる自覚症状です。日本人成人男性の「約3人に1人」が抱えるお悩みと言われており、発毛力の弱体化(DHTの襲撃)はもはや誰の身にも起こり得る問題です。女性であっても薄毛にならないというわけではなく、専門医を尋ねるケースが増えています。

発毛力の衰えは、コンプレックスという意味では自分一人のお悩みですが、頭皮が透けて露出し始めると、やはり周囲にいる人の心持ちにも影響します…。AGAは基本的に「遺伝傾向を経た結果の発現」なので、医学的に薄毛化因子に対処する心構えが求められます。放置していても「自分の遺伝子」からは逃れられませんので、早めに専門医を尋ねることが大切です。

現在では「飲み薬による治療(内服治療)」だけではなく、「毛髪再生メソセラピー」や「自毛植毛」を提供するクリニックも増えてきました。医学的なアプローチからの「ふさ活」も、需要拡大と共に選択肢を広げつつあります。

02AGA・薄毛対策 3つの治療法
~内服治療・メソセラピー・自毛植毛~

現在、AGA(男性型脱毛症)などの薄毛対策としては、専門機関を介するものとして3つの治療法が考えられます。医療機関(クリニック)においては、発毛剤などの「外用薬」が勧められるケースもありますが、この手の類似製品はドラッグストアで薬剤師を介することで代替品を入手することも可能です。このため、やはり薄毛に関する専門機関の治療分類としては以下の3つで整理しておくのが妥当でしょう。

内服治療(飲み薬)

AGA内服治療(投薬治療)
AGA内服治療薬 プロペシア ザガーロ

総合評価:75点

 

内服治療をcheck!

メソセラピー

毛髪再生メソセラピー AGAメソセラピー 発毛メソセラピー
成長因子(グロースファクター) 毛根への浸透 メソセラピー

総合評価:65点

 

メソセラピーをcheck!

自毛植毛

自毛植毛 薄毛治療外科手術
自毛植毛 グラフト移植シーン

総合評価:66点

 

自毛植毛をcheck!

※総合評価の点数は、最重要項目「薄毛回避」を3倍、重要項目「発毛力」を2倍にして、7項目で100点満点になるように調整しています。
あくまでも当サイトの主観的なものなので、参考程度にご覧ください。

それぞれ強みや弱点がありますが、「AGAは遺伝的傾向によって引き起こされる」という点が重要です。よって、まずは「AGAの内服薬(5α還元酵素阻害薬)」で対処するのが正しい選択です。内服治療の弱点である「永続性」や「即効性」は「着実に飲み続けることでフォローできます。費用面でもそれほど大きな負担とならないため、内服治療(飲み薬)を薄毛対策のベースとし、その上で物足りない場合に「発毛力」を補う治療法を検討すると良いでしょう。

なお、「自毛植毛」については「永続性」が最大のメリットになってきますが、これはもちろん手術した部位についてのみ発毛するという前提があり、時間経過により施術場所を超えて手術範囲の外で薄くなってしまうことも起こり得ます。よって、状況によっては内服治療薬を併用して予防するケースがないとも限りません。この意味でも「AGA治療の基本は内服治療である」という点は疑いようのないところです。

03AGA内服治療はオンラインでも可能
リモート診療で来院なくお薬の郵送も♪

AGAリモート診療はこんな人に最適
  • 地方に住んでいて、そもそも通えない
  • 受付や待合室での視線が気になる
  • 今のところ内服治療しか考えていない
  • 医療機関から薬を購入できればそれでいい
  • 来院の度に診察代がかかるのが無駄に思える

まだまだ対応医院は少ないものの、既にオンラインのみで「AGAの診察&治療薬の受け取り」を実現しているクリニックもございます。「地方に住んでいるから相談したくてもできなかった…」という場合は、積極的に活用してみると良いでしょう。もちろん「無料カウンセリング」から始めていただけます。

お住いの地域のAGA関連クリニック

少しずつではございますが、「ふさ活編集部」では各地域のAGA関連クリニック(薄毛治療外来)について登録数を増やしていきたいと考えています。お住いの地域や周辺地域(都道府県)をクリックいただければ、当サイトで登録しているAGAクリニックのご紹介記事リストが表示されるようになっています。

オンライン診療ではなく、実際に対面して見てもらいたいという場合はこちらのMAPをご利用ください。

全国AGAクリニックMAP

新着記事
薄毛関連知識やクリニック情報のご紹介

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました